肌に負担をかけないクレンジングが大切です

ほとんどの女性は毎日お化粧をしていますが、お化粧を落とすためにはクレンジングが必須ですよね。しかし、間違ったクレンジングを行うと皮膚を傷つけてしまうことで、老化が進んでしまう可能性があります。

 

クレンジングをするときにやってはいけないことは、ごしごし皮膚をこすることです。

 

いくらクレンジングがオイル系であったとしても、ごしごしこするように使用してしまえばお肌が痛んでしまいます。

 

そのため、お肌のエステなどでは、クレンジングを行うときは人差し指は使わずに、中指と薬指をつかってやさしくすべらせるようにするのが良いと指導するところが多いです。

 

また、クリーム系のクレンジングでは、お湯で洗い流す前にティッシュなどでふき取るタイプものもあります。

 

このときもティッシュの摩擦でお肌が傷ついてしまう可能性があるので、やさしく押さえるようにしてふき取るのがポイントです。

 

毎日行うクレンジングなので、お肌をいたわりながらやさしく行うことで、きれいなお肌をキープできます。